運命の人とは

私は、毎日、運命の人を探していた。

 

 

私は変わりもんだ。と思う。

それは

毎日運命の人を探すために顔をあげて歩いているから。

目があったら、「お!?運命?」と思ってしまうほどだ。

なんでこんなに運命の相手を欲しているのか。

 

それは、運命の人こそが「自分を大切にしてくれる」と思ってるからだ。。

 

今まで、私は面白いくらい男運がない。

 

中学から男女併学の学校だった。

共学ではなく併学だ。

男女で校舎が分かれている、一緒に作業するのは

体育祭や学園祭のみだ、

要するにバレンタインなどの戯れごとは

見たくもないのに校舎と校舎の間で起きるのだ。

 

恋なんて恋なんて、私には関係ないって、思い続けていた。

 

でも、ある日すれ違った先輩。

実は友達の好きな人らしい。

それを聞いたとたん、なんだか、他の人のものとか、、、、

あーなんだか、奪ってしまいたくなってしまった。

そんな最低な人間だ、私は。

結局、その先輩は一度に8人くらいの女性と関係を持っていたみたいだが。

 

 

その次は電車でよく見る先輩だ。

よく見るから運命だと思った。

よく言うやん。運命は接触の数やって。

でもその人も、運命ちゃうかった。

全然振り向いてくれんかった。

 

 

それから大学に入って、また恋をした。

新歓で出会った男の子、サークル同じの男の子。

 

 

 

すべての出会いを運命だと感じる私は幸せなのかもしれない。

 

でも運命だと思うから、そうじゃないって気づいた時の喪失感は半端ない。

そんなこんなで  就活生になった。

 

就活って出会いの宝庫。。

誰が運命か何もわからずに、知り合う人と関係を持っていく就活生活。

 

 

自暴自棄になった。。本当に自分が何してるのかわからなくなった。

 

運命ってなんだろう、自分を大切にするってなんなんだろ。

好きってなんだろう。

 

男性不信になった。世の中の男はみんなちゃらんぽらんで

彼女がいるのに他の人と関係を持つ、

 

付き合ってないし好きじゃないのにそういうの平気、

 

みんなして、相手も自分も大切にしようとしていない。

 

 

もう苦しくなった。

 

 

そんな時に、ある人と出会った。